バルサアカデミーキャンプ
バルサアカデミーキャンプ
よくあるご質問

トレーニングについて

Q.限られた時間だけバルサメソッドのトレーニングを受けてもバルサメソッドが身につくのでしょうか。
現地のバルサアカデミー(スクール)では、1時間のトレーニングを週2回、9か月間行います。つまり、合計72時間がバルサアカデミー(スクール)の年間トレーニング量になります。日本で行われるバルサアカデミーキャンプでは、仮に5日間の日程であれば9回の練習で合計17.5時間のトレーニングを行います。夏と冬の2回参加すれば合計35時間となり、これは現地で半年間バルサアカデミー(スクール)に通うのと同じ量になります。さらに言うと、もし年に4回のキャンプに参加できれば、現地で1年間バルサアカデミー(スクール)に通うのとほぼ同じ量になります。トレーニング内容はスペインと全く同じなので、バルサメソッドは身につけていただけます。
Q.参加にあたってサッカーの技術レベルは問われるのでしょうか?
バルサアカデミーキャンプでは、バルサのスタイルを通じてサッカーを楽しむことを目的のひとつにしています。ただし、トレーニングの質を保つためにも、「ボールを止める」「蹴る」などの最低限の基本技術は身につけていることが望まれます。具体的には、スクールでのサッカー経験2年以上(小学2年生までは1年以上)、もしくはチームでのサッカー経験1年以上の方が対象となります。過去のバルサアカデミーキャンプ参加者については、この限りではありません。
Q.トレーニングはどのように行われるのでしょうか?
10~14名程度のグループに分かれ、日本のバルサアカデミー(スクール)各校のスペイン人テクニカルディレクター(各会場2名)と、各校の経験豊富な日本人メインコーチ(各会場4名)が、バルサの育成メソッドに沿った指導を行います。トレーニング時には、日本人のアシスタントコーチと通訳が各グループに付いてサポートを行います。
Q.キャンプで行うバルサのサッカーは難しいですか?
当キャンプで行うトレーニングは、FCバルセロナがトップチームから下部組織まで行っているものと同様のものになります。ボールを使ったひとつのトレーニングの中で、技術的要素(攻撃面・守備面)、戦術的要素、さらにそれぞれのポジションにおける動き方などを、決まったテーマごとに行います。ほとんどの参加者にとっては普段とはまったく異なるトレーニングになるため、初日は少し難しく感じられるかもしれません。しかしコーチが何度も繰り返し丁寧に指導してくれるので、最終日にはどの子もバルサのコンセプトを理解できるようになります。毎回子供たちからは、「練習がとても面白い」「もっと続けたかった」という感想をもらいます。
Q.小柄な選手ですが大丈夫ですか?
バルサの目指すサッカーにおいて体格は重要ではありません。例えばこのメソッドで活躍するメッシのほか、元キャプテンのチャビやイニエスタといった選手たちも、決して身長が高かったわけではありません。バルサのサッカーで重要なのは、「このような状況でどのように動くのか?」というようなコンセプトをしっかりと理解することです。
Q.ゴールキーパーのトレーニングはありますか?
バルサアカデミーキャンプはフィールドプレイヤー向けのトレーニングになります。ゴールキーパーに必要な要素もあるのでぜひご検討ください。また毎日最後に行われるミニゲームでは、ゴールキーパーとしてプレーしてもらいます。
Q.会場によって参加費が異なるのはなぜですか?
会場ごとに日数が違うことがあります。合計トレーニング時間に差が発生する場合は、参加費が異なります。日数が違っても指導する内容に変わりはありません。
Q.会場ごとに指導者の差はありますか?
同時開催がある場合、スペイン人コーチも日本人コーチもそれぞれの会場に分かれますが、指導者による差が発生しないようにFCバルセロナのマニュアルに沿ったとトレーニングを行っておりますのでご安心ください。
Q.トレーニングのグループ分けはどのように行われますか?
選手一人ひとりが最も成長できるグループでトレーニングに参加いただけるよう、初回のトレーニングでスペイン人コーチによるレベルチェックを行い、 各グループ10~14人ずつに分けます。
1) スタート時は学年や生まれ年でグループを構成
2) 初回のトレーニングでスペイン人コーチが必要に応じてグループを移動
3) 次回以降のトレーニングでもスペイン人コーチが判断していく
Q.レベルが高いグループに参加させてほしいのですが可能ですか?
グループ分けにつきましてはあくまでもバルサのスペイン人コーチの判断になります。このバルサアカデミーキャンプでは、戦術面では「幅と深さ」、「ボール循環の基礎」、「攻撃スピードの調節」等バルサの戦術の基礎について。技術面では、ドリブル、シュートだけでなく、「状況判断能力を伴った認知」、「ボールを受ける際の体の向き」、「ボールが来る方向と逆足でのコントロール」、「マークを外す動き」などのレベルを向上させることが目標です。これらの内容が一番身につくのは、自分と同じレベルの選手たちとプレーするときになります。もし自分よりも高いレベルの選手と一緒にプレーした場合、プレーに追いつくことでいっぱいになり、せっかくの指導が身につかない可能性が高くなるからです。そのため、スペイン人コーチが適切なグループ分けを判断します。
Q.他のサッカーキャンプとは何が違うのでしょうか?
サッカーキャンプは海外から派遣されるコーチだけではなく、指導をサポートするアシスタントコーチ、運営、雰囲気づくりを含めたすべてのオーガナイズが高いレベルで行われて初めて高い効果が表れるものだと考えております。弊社は2007年以来、毎年バルサアカデミーキャンプを開催しており、また日本各地にバルサアカデミー(スクール)を展開、経験豊富なスタッフが多数揃っていますので、きっとご満足いただけるクオリティを提供できると思います。
Q.どの学年の選手が多く参加しているのでしょうか?
ご参考までに「バルサアカデミーサマーキャンプ2021」に参加いただいた選手の学年分布を掲載いたします。この数字は毎年ほとんど変わりません。また女子選手につきましては、84人定員の会場で平均3~4人くらいご参加いただいています。

宿泊について

Q.宿泊は保護者も一緒が可能でしょうか?
基本的にお子様のみの宿泊となります。キャンプの宿泊については、お子様の自立を促す目的もありますが、「初めての宿泊」「夜尿症する」「薬を飲まなくてはいけない」などにつきましても、同泊するスタッフが最大限のケアを行いますのでご安心ください。女子選手については女子選手だけの部屋になり、またサポートのスタッフも女性になります。
Q.部屋割りはどのように行われますか?
低学年のお子様は高学年の子と同じ部屋になるようにし、常に一緒に行動していただきます。お知り合いやお友達の子がいる場合は可能な範囲で同部屋のご希望を受け付けます。お申し込み時にお伝えください。
Q.洗濯や着替えなどはどうしたら良いのでしょうか?
トレーニングキットのシャツやソックスなどはスタッフが行います。それ以外の着替えや下着などについては基本的に洗濯を行いませんので、日数分をご用意願います。
Q.宿泊時の流れについて教えてください。
18:00 宿泊先に到着(初日は部屋割りやルールの説明)
18:30 入浴(このタイミングで洗濯物を提出します)
19:00 夕食
20:00 全体ミーティング(明日以降の目標を立てるなど)
20:30 自由時間
21:30 就寝

ほとんどのお子様が初対面ですが、みんなすぐに仲良くなります。もちろんスタッフもいるのでご安心ください。新型コロナウイルス対策のため、食事の際には十分なスペースを空けて着席してもらいます。宿泊先でも十分な加湿・換気を行います。

そのほかのご質問

Q.MVPについて詳しく教えてください。
選考はバルサコーチ陣によって行われます。MVPに選出された選手たちは、スペインのバルセロナに招待され、現地のバルサアカデミー(スクール)のトレーニングに1週間参加します。またカンプノウスタジアムでトップチームの試合を観戦したり、サグラダファミリアを始めとする名所を巡る市内観光も予定されます。

MVPに選出されなかった場合も、それに準ずるレベルの選手たちはエリートプログラムに選出されます。エリートプログラムはキャンプに参加した全選手に加え、バルサアカデミー各校(福岡・葛飾・奈良・横浜)の中から優秀なメンバーを選出してチームを組みます。このチームで現地バルセロナに向かい、キャンプよりもさらに踏み込んだ内容のトレーニングに参加する遠征です(エリートプログラムでは費用が発生します)。
Q.食事にアレルギーがあるのですが、対応していただけますか?
申し込み時にいただいたアレルギー情報を弁当業者(宿泊プランの場合は宿泊先も)と共有して、最大限のサポートをいたします。ただし、アレルギー食品の完全な除去につきましてはお約束いたしかねますので、どうしてもご不安な方はお弁当などをご持参ください。
Q.練習中の見学や撮影などは出来るのでしょうか?
FCバルセロナのコーチが指定するエリア(ピッチサイドやスタンドなど)からご見学いただけます。写真の撮影は可能ですが、動画についてはFCバルセロナ側からのNGにより、基本的にはご遠慮いただいています。ただし、毎日のトレーニングの最後に行われるミニゲームにおいては、個人で楽しむ場合に限り動画も撮影を黙認しております。なおキャンプでは、プロのカメラマンによって撮影された写真の販売を予定しておりますので、こちらもご利用ください。
Q.参加者の保険はどうなっていますか?
キャンプ事務局にて参加者のスポーツ保険に加入します。キャンプ時には必ず保険証のコピーをお持ちください。
Q.会場までの親の同行は必要ですか?
キャンプ初日には開会式と保護者説明会、最終日には修了式があるため、ご参加いただければと思いますが、必ずしも同行は必要ありません。ご都合に合わせてご来場ください。
Q.キャンプ参加に必要なものはありますか?
トレーニングウェアは当日受付時にキットをお渡しいたしますが、スパイク、シンガード(すねあて)、水筒、昼食時の着替えなどは各自語用意ください。ご宿泊される場合、ホテル内で過ごすためのパジャマ類、タオル、その他宿泊に通常必要とされるものをお持ちください。なお、ボールは必要ありません。参加をお申込みいただいた方には開催前にメールでもご案内いたします。
参加をお申込みいただいた方には、当日必要なものを開催前にメールにてご案内いたします。
Q.熱中症対策について(サマーキャンプのみ)
熱中症対策としては 飲料をこまめにとられるように水休憩時間を十分確保し、経口補水液等でしっかりと水分補給をします。また、トレーナーが常駐し、選手の健康状態を常時確認いたします。
Q.途中から、もしくは途中までの参加は可能ですか?
さまざまなご事情で途中からの参加になったり、また参加日によって早めに帰宅しなければいけない日がある方は、事前に事務局までお知らせください。現場スタッフが対応いたします。ただし、たとえ1日参加できない日があった場合でも、参加費のご返金は致しかねますので何卒ご了承ください。
Q.申込期限はありますか?
各会場とも開催日の4~5日前くらいまでは申し込みを受け付けておりますが、定員に達した場合はキャンセル待ちでのご案内となりますので、お早めにお手続きをお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について

Q.キャンプで実施している感染症対策について
<受付時>
いずれかに充当する場合はご参加をご遠慮いただく場合がございます。

① 発熱(37.5度以上)がある場合
② 風邪の症状、あるいは咳や体のだるさなど体調に不安のある方
③ ご家族や同居人等、濃厚接触のある方が上記に該当する場合
④ 14日以内に海外に渡航歴のある方
⑤ 検疫所や保健所等、関係各所より自宅等での待機を要請されている方
⑥ 感染者と接触歴があり、又はその他感染を広げるリスクのある方

<トレーニング見学時>
開催会場、クラブハウス内での、近い距離での会話は感染の恐れがあることからご遠慮いただき、建物内には集まらないようお願いいたします。トレーニングを見学される際は、指定の場所で2m以上の距離をとって密にならないようにお願いいたします。ピッチでのトレーニング当日はコーチやスタッフの指示に従うようお願いいたします。

<宿泊時>
頻繁な手洗い・うがいを励行し、また室内の換気の徹底を行い、密閉を避けます。宿泊メンバーにつきましては、帯同スタッフが毎朝お子様の体温測定、体調についてのヒアリングを行います。 万が一、宿泊先で高熱の症状が出た場合、別部屋へ隔離して保護者様に連絡をいたします。スタッフが病院へお連れし、診断結果によってはご帰宅いただく場合がございます。

<食事時>
一度に食事を取る人数・滞在時間の制限、座席の間隔(2m)に留意し、また、会場の換気を強化し、密な状況を避けるように努めます。従業員やスタッフのマスク着用義務を徹底いたします。食器や水分補給のドリンク(使い捨てを利用いただだきます)を回し飲みは控えるように指導いたします。

<バス移動が伴う場合>
乗車時に入口にて手指消毒のお願いしております。 車内換気対応のバスを利用し、車内は密になる状況を避けるように努め、乗務員の健康管理とマスク着用、車内消毒の徹底を遵守します。
Q.新型コロナウイルスに関連するキャンセルについて
<キャンセル料が発生しないケース>
1) 国もしくは自治体の決定により該当施設の使用が不可能になりキャンプ開催日までに代替会場が見つからない場合、 2) 該当地域における移動や外出およびキャンプ活動が禁止された場合は、例えキャンプ開催日前日であっても、キャンセル料は一切かからず全額をご返金させていただきます。

<キャンセル料が発生するケース>
国もしくは自治体の呼びかけが自粛を要請するレベルで、最終的な判断がお客様にゆだねられる場合、お申込みいただいたお子様が新型コロナウイルスに感染してキャンプに参加できなくなった場合は、キャンセルポリシーに沿ったキャンセル料が必要になります。